ビーグレンのハイドロキノンの副作用

ビーグレン 【ハイドロキノンは何パーセント濃度?】 副作用と効果

ハイドロキノンが含まれる商品と効果

ビーグレンの製品の中でハイドロキノンが含まれているのは「QuSomeホワイトクリーム1.9」で濃度は1.9%です。「QuSomeホワイト」シリーズのホワイトケア トライアルセットにも含まれているので興味があって使用する機会がある場合には確認してから使用してみて下さい。ハイドロキノンとは、シミの原因であるメラニン色素の産生を抑えるだけでなく、メラニン色素をつくる細胞そのものを減らす事が出来る成分です。そのためハイドロキノンは肌の漂白剤と呼ばれ美白効果を売りとする製品にはほとんどと言って良いほど含有されています。その中でも有名な成分としてビタミンCやプラセンタなどがありますが、ハイドロキノンはそれら美白成分よりも桁違いに効果があると言われています。予防するだけではなく皮膚に沈着したメラニン色素にまで働きかけてくれるので、注目の成分として美容通にも名の通った成分でもあります。日本ではまだ歴史が浅くハイドロキノンの知名度はあまり高くはありません。海外ではからシミの治療としてハイドロキノンが使われています。ただ、その効果が高い事が裏目に出て製品によっては副作用などの危険性もあるので、良く製品を見極めて選び使用には充分注意払い、お肌に合わない場合には即使用を止めて下さい。

ハイドロキノンの配合量(配合濃度)に注目!注意点はある?

一般的に安全性が高く刺激の少ない濃度は1%〜3%と言われています。ビーグレンの「QuSomeホワイトクリーム1.9」はハイドロキノン1.9%の配合量なのでほとんどの場合安全です。配合量にもよりますが、まれにアトピーや敏感肌、アレルギー性疾患のある方など人によっては肌に合わず、赤みや炎症が起きてしまう事もあります。このような方はお使いになるのを中止して医師の診察を受けられることをおすすめします。使い方を間違えるとお肌にダメージを与えてしまう事も考えられます。ハイドロキノンが含まれる製品を使用するときには、パッチテストを事前に行い安全に使用するように心がけましょう。ハイドロキノンの使用による副作用は、5%以上の高濃度のハイドロキノンの使用や長期的な使用によっては白斑ができる可能性があるというものです。1年以上長期的に使用した場合、色素を作る力を失った皮膚が部分的に白く色抜けし白斑になる事があります。白斑とは文字どおり白い斑点状に色が抜ける皮膚の状態で、皮膚病で起こる場合も生まれながらに遺伝的に要素を持つ場合もあります。病気というよりは外観的にムラのように見えるので、肌を綺麗にしたくて使用する意味がなくなってしまう為、使用する際は細心の注意が必要です。含有量の少ないものならば刺激が少なくて安心して使える製品が多いので、含有量を使用する前に確認してみましょう。ハイドロキノンは非常に酸化しやすい成分なので、配合されている場合には開封から一ヶ月以内に使い切るようにしましょう。残っているからといって使用しても、本来の効果は得られませんので、使用しないで下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする