ビーグレンとアトピーの色素沈着

ビーグレンはアトピーの色素沈着やアトピー肌を改善できる?
色素沈着といっても様々なタイプがありますが、アトピーによる色素沈着にビーグレン化粧品は美白効果があるのでしょうか。結論から言うと、アトピーの色素沈着だけにフォーカスした商品は取り扱っていませんが、クレイシリーズのような本来、アトピーや敏感肌の人のために開発された肌に優しい商品はあります。アトピー肌を治すといった効果はb.glenホームページには記載されていませんが症状を軽減したり改善することは期待できます。またビーグレンは色素沈着のカテゴリー「ホワイトケア」を設けており、ニキビによるニキビ跡やクレーター、紫外線によるメラニンが原因のシミや赤みに効果を注いでいます。このホワイトケアの中のホワイトクリームの成分であるハイドロキノンはアトピーの色素沈着の改善に、病院が処方する場合があります。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-27-20-07-42



注目していただきたいのはビーグレンの美白クリーム「ホワイトクリーム1.9」に含まれるハイドロキノンです。実際に東京大学での実験結果でハイドロキノンはアトピー性皮膚炎の70%の人が色素沈着を改善する効果を実感できたそうです。ただハイドロキノンの配合量(濃度)によっても結果は変わります。ビーグレンのハイドロキノンは1.9%だけ。一般人の質問に医者が答える有料サイトでも「一般的な化粧品に含まれる少量でアトピーの色素沈着がすべて消えるのは難しい。それに肌のターンオーバから最低でも2〜3ヶ月くらいは続けないと効果はでてこない。」とお医者さんがおっしゃっていました。それと「ハイドロキノンは環境によっては色素沈着に使用する事はあるが肌の状態を観察して適切に使わなければ副反応がでたり逆効果になることもあります。医師から診察をうけ指示に従って下さい」ともおしゃっています。

従って、アトピー肌による色素沈着の軽減が目的で使用したい場合には専門の医者へ相談する事をおすすめします。

ビーグレンはアトピー肌や敏感肌でも使えます!
色素沈着の改善・効果は人それぞれです。
ビーグレンのクレイシリーズは元々アトピーの方を含めお肌が敏感な方の為に作られた製品です。普段の生活から乾燥によってお肌が荒れてしまう方には、肌の炎症を抑え保湿をし痒みを根本から取り除いてくれるので最適な製品です。肌荒れは角質層が乾燥し肌を保護していた角質間の脂質が失われて起こります。乾燥によりできた隙間から刺激が進入してくる事で痒みが生まれます。さらに痒みによって引っ掻いてしまった結果、炎症を起こしてしまうのがアトピー肌です。クレイシリーズに含まれる有効成分モンモリロナイトは、肌表面の脂質を程よく残したまま、毛穴の中の汚れを吸着し外に出してくれます。肌のバリア機能を壊さないので汚れはすっきりと取れ潤いのある仕上がりになります。アトピーが原因でお肌が敏感になっている方にも使えるお肌に優しい製品です。敏感肌で困っている方の為の製品なので、安心して使用して下さい。化粧品は全ての肌に合うものではありませんので、少しでもお肌に異変が感じられる場合には使用を中止して下さい。

まとめ

女性にとってお肌が綺麗である事はとても幸せに感じる事です。反対にお肌に問題があるだけで気分は盛り下がり日常がつまらなくなってしまうものです。ビーグレンの製品は一人一人のお肌に合わせて適切な製品を使用する事で、安心してお肌に使える優しいものばかりです。それでも、お肌や体調によって変化する女性のお肌は、含まれている成分などのチェックを怠らないようにする事も必要です。悩みに合わせて色々な使い分けが出来るので、今まで試した化粧品で効果が得られなかった方もきっと納得できる事でしょう。こだわりが伝わってくる製品だからこそ長く継続して使いたくなります。ビーグレンに元々興味のなかったり知らなかった方にも是非試して頂きたいスキンケアブランドです。一度使えば単なるコスメブランンドではなく、上質で安心して使用できる信頼できるブランドである事がお分り頂けるかと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする