エクオールは30代から

↓30代からしっかり対策エクオール↓


30代からの更年期対策法とエクオールとの関係

本来40代になって徐々に意識し始める更年期障害ですが、30代の若いうちから兆候が見られる方もいる事が分かっています。
更年期に入ってから症状に悩むのではなく30代の早い段階から自身の生活習慣をみなおし、更年期の症状が出にくい、または軽くなるような体づくりを始めることが大切です。

更年期障害とは?

更年期障害とは女性ホルモンのバランスが崩れて起こるもので、主に閉経を挟んだ前後五年の約10年当たる更年期に伴って起こりうる症状の事を言います。

更年期障害は40代で始まるのが一般的ですが近年は更年期に似た症状が30代から見られることもあり若年性のプレ更年期とも呼ばれています。

ホットフラッシュと呼ばれれるめまいや体の火照り、のぼせ感、疲労感、イライラ、抑うつなど200から300種類もの症状があり、そのままにしておくと生活に支障が出るケースも多く見られます。

女性ならば誰もが通る道なので事前に知っておく事は適切な対処をする上でとても大切です。

もし症状が疑われるならば医師に相談してみましょう。また生活習慣を改めて見直し、更年期障害に効果があるとされるエクオールを摂取することも症状軽減の対策の1つとなります。

エクオールとは?


エクオールとは大豆イソフラボンが体の中で消化される過程で生成されたもので、女性ホルモンに似た働きをし更年期の障害を緩和してくれる働きがあります。自分の体の中でエクオールを作る事が出来ない方もいて、ただ大豆イソフラボンを摂ればいいという事ではありません。

エクオールが作れない方の割合は、近年の食事の変化によるせいか高くなる傾向にあります。

エクオールは体の中で代謝された時の成分の名前であって、本来はダイゼインという大豆イソフラボンに含まれているものです。その働きは成分量でこそわずかですが、エストロゲンの不足により支障が出る場面では、

エストロゲンの変わりとなってはまり込み働きを助けてくれます。これにより女性特有の悩みである更年期障害の症状に、より高い効果が見られるといわれています。


↓1番人気のエクオールサプリ↓


エクオールの4つの作用「男性にも有効か」

エクオール成分は最近の研究により4つの効果がある事が分かっています。

①エストロゲン様作用

まず特に注目されている効果の一つにエストロゲン様作用というものがあります。まさに言葉の通りですが、エストロゲンの様な働きを変わりにしてくれるものです。体の全身の働きを助けているエストロゲンが減少すると、更年期障害の悪化や骨粗しょう症などにつながると言われています。

エストロゲンによく似た働きをするエクオールは、エストロゲンが足りない時に隙間に入り込み働きを維持してくれます。

②抗酸化作用

2つ目は女性に嬉しい抗酸化作用です。体の酸化を防ぎシミの改善や美白効果も期待出来ます。体が酸化するという事は言い変えれば老化するという事です。それを遅らせる事が出来るのなら、試してみる価値はありますよね。

③抗エストロゲン作用

3つ目は抗エストロゲン作用です。これは乳がんの発生率を抑える為に必要なものとされています。乳がんはエストロゲンが過剰に生成されて引き起こされると考えられています。その代わりに受容体にはまり込む事で過剰なエストロゲン作用を弱める事が可能です。

④抗アンドロゲン作用

最後に、女性だけでなく男性にも嬉しい成分が含まれている事も忘れてはいけません。アンドロゲンという男性ホルモンは、過剰に生成されると脱毛や前立腺ガンの原因になると言われています。

エクオール成分はこの場合にも過剰な男性ホルモンのアンドロゲン作用を抑えてくれるので、女性だけでなく男性の方にも嬉しい効果が期待出来ます。※ただ、エクオール”サプリメント”での効果はまだ研究中で効果データはでていません。


エクオールの1日摂取量

エクオールとは、大豆特有の成分である大豆イソフラボンを体に取り込んだ時に腸内細菌によって生み出されるものです。大豆の豊富な栄養成分を体に取り入れるには、効果的にエクオールを摂取する必要があります。

1日の摂取量の目安は約10mgで、納豆1パックを食べるのと同じ事だと言われています。1日摂取量の上限は70~75mgとなっていますが実際はそれ以上の摂取量でも健康上に問題が見られるわけではないようです。※内閣府食品安全委員会より

サプリメントで上乗せして摂取して良い量は一応、1日30mgが上限とされています。

これは大豆食品(イソフラボン)を多めに摂取している人でも40~45mgほどなので摂取量の上限70~75mgに達するようにサプリメント30mgを上乗せするという考えからです。

エクオールを作れない人がいる

エクオール対策しようと心がけても、近年の研究により体にもともとエクオールを作ることが出来ない体質の方いる事が分かりました。

大豆イソフラボンについての研究は長い間行われていましたが、腸内細菌によって生み出されるエクオールを体の中で作られない方と作られる方とでは効き目や効果に差が出るという事も分かってきています。

ソイチェック(エクオール尿検査)の紹介



大豆健の康成分を効率よく得るためには、まずは自分の体の中にエクオール生産性があるかを知らなければ的確な対処は出来ません。

今回お勧めしたいのは、様々な検査キットを生み出している事で有名なヘルスケアシステムズという会社から出ている検査キットです。

エクオールがどれだけ体の中で変換出来るかを見る事が出来るソイチェックを使用してみて下さい。ソイチェックは誰でも簡単に検査できるエクオール郵送検査キットです。検査キットが手元に届いたら検査依頼書に必要事項を記入します。

個人情報もきちんと守られているので安心です。次に採尿します。検査キットに含まれている容器に3分の1ほど入れてしっかりとキャップを締めます。

必要なものがすべて用意出来たら返信用封筒に入れてポストに投函します。この時に注意すべき事は、検査依頼書を入れ忘れない事です。これがなければ検査結果の通知先が分からなくなってしまう為です。

郵送が完了すればあとは待つのみです。約2週間ほどで結果が到着しますので、到着しましたら「大豆生活のススメ!」と合わせて是非読んでみて下さい。

エクオールを作れない人にはサプリメントがあります

エクオールが自分の体で生成できない人の為に作られたサプリメントがあるはご存知でしたか?日々の習慣をごっそりと変える事は難儀ですが、サプリメントを飲む習慣をつける事ならすぐに始められますよね!

効果的にエクオールを摂取できるオススメの対策サプリメントを紹介していきます。医師の監修のもと作られた効果を期待できる体に安全なものを選んでみました。

AMC「エクオール+ラクトビオン酸」

出典:AMC Online Store

アドバンスト・メディカルケア(AMC)という会社から発売されている「エクオール+ラクトビオン酸」は、エクオール研究で有名な医師と共同開発されたエクオールサプリメントです。
このサプリメントの良いところは、エクオールだけでなくエクオールの吸収を助けてくれるラクトビオン酸が含まれている事です。医師の監修により作られているのも、安心して飲む事が出来るポイントです。

↓エクオール+ラクトビオン酸の詳細は以下↓


大塚製薬「エクエル」

出典:小林製薬 Online Store
他に大塚製薬から発売されている「エクエル」は製薬会社の研究員により研究され作られた発酵させて作られたサプリメントです。一番最近出たものでは、小林製薬から発売された「エクオール」があります。
更年期向けのブランドで「母の命」というサプリもありますが、それと同効果が得られるラインナップとして製品化されたものです。今までに試したもの以外の新しいサプリメントに興味がある方にはお勧めです。

↓エクオールの詳細は以下↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする