核シェルター 日本にある場所

核シェルターが日本のどこの場所にあるか知りたい!

こんなことは調べたくなかったのですが情勢の変化もあり、核シェルターが日本のどの場所にあるのか調べました。そもそも日本に公共の核シェルターはあるのか?自分の生活圏には核シェルターが存在するのか?探ってみたいと思います。

日本における人口あたりの核シェルター普及率は0.02%

驚きの現状かもしれませんが、NPO法人「日本核シェルター協会」調べによると日本の核シェルター普及率は人口あたり0.02%だそうです。

※全人口に対し、何%の人を収容できるシェルターが存在するかを基準

と記載があるのでつまり現在、日本の人口推計が約1.27億で0.02%の普及率だと254万人が収容できるだけの核シェルターしかないということになります。

0.02%という核シェルター普及の中で
それが公的なのか個人のものなのかは調べても不明でした。
ちなみに以下は他国との普及比較です。

スイス・イスラエル→100%
ノルウェー→98%
アメリカ→82%
ロシア→78%
イギリス→67%
シンガポール→54%
日本→0.02%

核シェルターのある場所は?公共ではナシ!

0.02%の普及率の中でも近くに核シェルターがあるなら知っておきたいです。そこで核シェルターは日本のどの場所にあるのか調べてみましたが残念ながら公共の民間人用の核シェルターの情報を見つける事ができませんでした。

様々な政治的問題もあり、
公的な核シェルター施設は日本には今はひとつも無いようです。

スイスやイスラエル、アメリカなどの諸外国では常識的な核シェルターですが日本では病院や学校、地下街などのどの場所にも公的なものは建造されていないのです。

都市伝説やネット上の噂で、
隠しシェルターが存在するのではないかというような情報がありますが、それらは証明されていないので分かりません。

ウィキペディアによると日本は公共の場に核シェルターを整備する公共事業計画は現時点ではないとのこと。近い将来、公的な核シェルター施設の増設の見直しがあるのかは不明。

なので今は政府に頼るよりも個人で
危機管理意識を持つ事が大切になってきます。

自分の身は自分で守るということになります。

個人用(家庭用)核シェルターの価格は?

核シェルターを個人で購入する場合は高額な資金が必要です。

家庭用の核シェルターの価格(値段)は100万円台からありました。広さや強度や機能などで費用も変わりますが家族数人が入るものであれば500万円くらいは見積もっておいたほうがよさそうです。

地下に限らず地上でも核シェルターは作れるようです。



ちなみにAmazon(アマゾン)で価格70万円ほどの黄色く丸いカタチをした防災シェルター「ノアⅡ」がよく検索されていますがこれは核シェルターではありませんでした。核には対応していません。

核シェルターは専門業者か楽天で注文できます。

ニュースでも取り上げられていますがここ数ヶ月で家庭用の核シェルターや空気清浄機の売上げが急激に上がっています。ただ決して安価ではないので一部の人しか対策できないのが現状です。

万が一、核シェルターが必要となってしまった状況なのに

核シェルターが無い場合の緊急処置マニュアルを内閣官房が民間人向けに公開していました。以下を参考にしてみてください。

【緊急避難】屋内避難やテロ・武装攻撃の対策

出典:内閣官房 国民保護ポータルサイト

核シェルターが日本の場所で公的に明かされているものはないと知って不安になりました。

なのでせめて自己防衛術は学んでおきたいと思います。

内閣官房が運営する国民保護ポータルサイトを閲覧すると「武力攻撃やテロなどから身を守るために」というパンフレットの中に緊急用の簡易シェルターの作り方が閲覧できたので事前にインプットしておくことをおすすめします。

この「武力攻撃やテロなどから身を守るために」というパンフレットは全36ページあり構成4の【武力攻撃などに応じた避難などの留意点】を読むと屋内避難として、できるだけ窓のない中央の部屋に移動し窓閉め、目張りで室内を密閉しましょうとあります。

このパンフレットは読んでおいて損はしないので全体も読んでおきましょう。

弾道ミサイル落下時の行動について

出典:内閣官房 国民保護ポータルサイト

公共の核シェルターが日本の場所にないと知りました。

では核ミサイルなどの大量破壊兵器から
自分の身を守るためにはどうしたらいいのでしょうか。

1番の方法はいますぐにでも安全な場所へ移動、移住することでしょう。

しかしこの方法も実際には一部の人しか行動にうつせないのが現状です。私の場合はいまの情勢で避難するべきなのか判断に悩み続けています。

しかし、「避難する、移動する」というときには遅いのかもしれないということも承知した上でせめてすぐにその場から逃げれるように水や通帳など必要なものをバッグにまとめてスニーカーを枕元に置き、就寝しています。

・地下(地下鉄)、丈夫な建物などに避難する

・物陰に隠れるか地面に伏せて頭部を守る

・窓から離れる

・水道水は飲まない

・放射能をあびた服はすぐに脱いでビニール袋などで密閉する

考えられる落下時の行動はこれ以上にあります。

私も不安でたまりませんが現実と向き合い、リスクをどう回避するか考え続けることは非常に大切だと思います。また対策がみつかれば更新していこうと思います。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする